スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

克服レッスン 8

すべてを脱がされて裸になった私
いつのまにか彼も裸だった
どこを見て、何を見ていいかわからず固く目をつぶる
「力を抜いて・・」
手を彼の下半身に持っていかれたけど
どうしていいのかわからない
彼の唇がさらに下に下に下がっていく
太ももに力が入る
「力を抜いて・・」
足を広げられる
大事な所に彼の手がふれる
恥ずかしさと不安がごちゃ混ぜになる

彼が入ってきたときは思ってたほどの痛みはなかった
ただ、頭の中が冷たくなっていく
変に冷静な私
彼の息遣いが聞こえる
自分の声がまるで作り物みたいに聞こえる

彼の動きが激しくなる

これがSEXなんだ・・・

なんでこんなことしてるんだろう、私・・・



スポンサーサイト
  1. 2005/06/26(日) 22:24:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

克服レッスン 7

いきなり温泉旅行???
断ったほうがいい?
それとも受けたほうがいい?
頭の中がパニック
だけど、唯一普通に話せる男の子がいなくなるのは悲しい・・
私は自分でも気がつかないうちにうなずいてたらしい

10日後、私たちは旅行に出発していた
夜ご飯が終わるまではいつも通り

覚悟は決めていたはずだった
布団が並んで敷かれたときまでは・・・
彼が先に布団に入った
「おいで」と手招きされた
並んで横に寝る
キスをされながら浴衣がどんどんはだけていく
「怖くないから」
その言葉を信じた
この間と同じように唇が下に下がっていく
乳首に唇が触れる
なにか電気が体中に走る
 
彼の手が私の下半身を触る
「固くならないで」
そう言われても自分の体が自分の意志で動かない
下着の上から触られる
今まで誰にも触られたことのない場所

怖いけれどこのままでいたい
それがそのときに思ったこと・・・
  1. 2005/06/18(土) 23:58:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

克服レッスン 6

「怖くないから・・・」
かすれた声が聞こえた

本当に怖くないの?
それしかいえない私
でも、体はこわばる。気持ちより体のほうが正直
その体をさっきよりきつく抱きしめてくれた

窓の外が明るくなっていく
そろそろ始発が動く時間

帰って とも 帰らないで とも言えない私
それを察知したように
「今日は帰る。でも、また今度会おう。」
って言って彼は帰っていった
ドアがしまった瞬間長い長い溜息がこぼれた

その日から彼とよく会うようになった
私の友達は付き合ってると思ったようだけど
その言葉は何か違和感があった
彼からも私からもそういう話がでたこともなかったし・・・
でも、手をつないだり、別れ際のキスはしてた
3ヶ月くらいその状態が続いた

ある日彼から旅行に誘われた
一泊の温泉旅行










  1. 2005/06/14(火) 19:10:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

克服レッスン 5

そのあとはしばらく、二人とも黙ったまんまだった
先に声を出したのは向こう
「ごめん・・・・」
私はただ首を横に振ることしかできなかった。

「もう電車もないしタクシー代もないから、何にもしないから朝までいさせて」

断る元気もなかった
ただただ触られたところが気持ち悪くって
早くシャワーを浴びたかった

泊めてあげるかわりに近所のコンビニに行ってきてもらった
その間慌ててシャワーをあびた。その間意味もなく涙が流れた。
急いで着替えてぼーっとしてるときにその人が帰ってきた
気まずい瞬間・・・・
「泣いてた?」って聞かれた

それから二人で取り留めのない話をした
男の人が怖いことも話した
もう少しで電車が動き出すってころ
「キスしてもいい?」

暖かいものがまぶたの上に触れた
ぎゅって抱きしめられた

男の人が少し怖くなくなった気がした






  1. 2005/06/10(金) 17:01:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

克服レッスン 4

部屋の中に入った途端、押し倒された
耳元で「好き」とか「愛してる」
言葉がまるで記号みたいに聞こえる

カットーソが乱暴にめくられる
唇が唇でふさがれる
いつのまにかブラがずり上がって
胸が丸見えになってる
この前キスされたときと違ってなんだか冷静な私
唇が下に下に下がっていく

大声を出して助けをよぼうか?
一瞬頭をよぎる・・・
だけどこの状況を近所の人に見られるのは恥ずかしい
胸に唇が届いた瞬間にやっと声がだせた

ちょっと待って・・・・お願いだから

相手の唇の動きが止まった
私は同じ言葉しか繰り返せない

ちょっと待って・・・・お願いだから

嫌いって言う感情は全然なかった
恐怖 不安 そんな感情
相手も私の気持ちに気が付いたのか
少し体が離れた
私は慌てて体を起こして洋服を着なおした
壊れたみたいに同じ言葉しか出てこない

ちょっと待って・・・・お願いだから

  1. 2005/06/09(木) 17:29:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

克服レッスン 3

それから1週間後、おんなじメンバーでまた合コンした
キスしてきた人とは最初一番遠い席に座った
その人の視線を感じたけどしばらくは無視してた
みんなが勝手に席を移動し始めたとき
その人が隣の席に移ってきた
いろんなこと話したら偶然にも帰り方向がいっしょだった
女の子側の幹事の子に
「今日、送っていくから」って
友達は笑いながら
「いいよ?」

家まで送ってくれた
玄関の中まで
玄関の中に入ったとたん、また抱きしめられてキスされた
狭い玄関だから逃げられない
背中に回った手がだんだん下に下りてくる
お尻をなでまわされた
口が離れた瞬間
ブーツを脱がされてた
そのまま引っ張られるように自分の部屋の中に・・・
  1. 2005/06/08(水) 15:36:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

克服レッスン 2

まずコンパにたくさんでてみた
おんなじ大学
違う大学
社会人
男の子の友達も増えたけど、女の子の友達がもっと増えた
不思議だよね
コンパ後の飲みって本音トークでおもしろかった
その時に私も男性恐怖症のことみんなに話せた

はじめは飲むだけのコンパ
何かのスイッチが入ったのは
あるコンパの時
みんながだいぶ酔ってきたくらいのとき
トイレに行ったら
トイレの前で待ち伏せされてたとき
急に抱きつかれた
体がこわばる
動けない
息ができない
むこうは何を勘違いしたかそれを承諾だと思ったらしい
キスされてた
舌が私の唇をなめる
手が私の胸をまさぐる
友達が私を呼びに来て体が離れた

実はその日の記憶はあんまりなかったりする


  1. 2005/06/06(月) 22:38:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

克服レッスン 1

どうやって男性恐怖症を克服すればいいの?
いろいろ考えた
まず原因
小学校から高校まで女子校だったこと
高2まで女子大ねらいだったから塾も女の子ばっかりだったし
変にまじめだったからゼンゼン遊ばなかったこと
親戚に同じ年くらいの男の子がいなかったこと
周りの男性はみんな大人しかいなかったこと

だから大学に入って同じ年代の男の子がいっぱいいるのが怖くなっちゃった
半年間は怖いままだった でもゼミやコンパあるしいつまでも怖がっていられない だって私だけ・・こんなことで悩んでるの

ショック療法って言葉が頭の中に浮かんだんだ
怖くなくなるためには一番私が怖いって思ってることたくさんすればいいんじゃないかな?って
だからいろんな人といろんなことしてみた
今はだいぶよくなってると思う

でも、そのときのこと忘れたくなくって
こうやって書いてる
オナニーみたいな日記
やってることはオナニーじゃないんだけどね
でもあのころは男の人を使ったオナニーしてたんだな






  1. 2005/06/04(土) 21:00:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。