スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

彼が帰ってきた

予想以上に疲れてたみたい。

ご飯食べて帰ってお風呂入ったらすぐに寝ちゃった。

ちょっと残念だったけど、寝てる横で本でも読むっていうのも悪くないなと思い、本を読んでた。

そこまでは幸せだったんだけど、、、

電話が鳴った、取るべきか取らないべきか悩んでたら、留守録になった。

「ゆかりです!まだ帰ってきてないかな?お土産楽しみにしてるから帰ったら電話して!代わりに肩でも揉んであげるね?」

留守電が入った。体中の血液の温度が上がった感覚がした。
追い討ちを掛けるように彼が寝言で「ゆかり」という名前を口にした。

テレビの一場面が思い浮かんだけど、そうじゃなかった。
全部が現実だった。
しばらく訳が分からなかった。

ただ、そこにいてはいけない気がして、家に帰ってしまった。
電話の電源を切って仕事に行った。

まだ電源を入れてない。

頭の中がなんだか整理が付かない。

困った。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/13(火) 20:30:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。